エンジンオイルでエンジンを守る編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジンオイルはただ交換するだけではダメで クルマに適したオイルにこだわりたい

 

エンジンオイルの量は少なすぎても多すぎてもトラブルの原因に

エンジンにとってオイルは、”血液”に等しい。ピストンをはじめ、シリンダー、コンロッド、クランクシャフトなど、エンジン内部で精密に組み立てられています。
金属部品を正しく、スムーズに動かすためには、オイル「潤滑」と働きが不可欠だ。

また爆発の熱で2000~3000℃になるエンジン内の温度を130℃~300℃まで下げ、 約600℃溶けるといわれるピストンなどのアルミ合金の部品を保護する「冷却」。

さらに油膜による密閉性や防錆、内部の洗浄、酸の中和…。これらの性能がどれひとつ 低下してもエンジンはダメージを受け、寿命を縮め、パワーダウンも余儀なくされる。

しかし、いまさら説明するまでもなくオイルは消耗品。長期間使っているうちに 量が減れば劣化します。

量が減るのは内部の根本的なトラブルを除いてシリンダー内での蒸発燃焼によるものがほとんど。「突然なくなる」ことはないが、規定量より極端に少ない場合、 冷却効果が低下オーバーヒートの原因になったり、最悪、”焼き付き”といったトラブルを発生しかねません。

逆に(オイル交換直後など)規定量より多い場合はフリクションロス=作動抵抗の原因に。毎日とは言わないまでも、マメにレベルゲージでチェックしたい。

 

 

劣化したオイルは金属部品にキズを刻む

劣化はどうか?エンジンオイルにはベースオイル=基油に、清浄分散剤や極圧剤、消泡剤といった基油にない性能を補うための添加剤を混ぜているが、長期間熱に さらされるうちに、これらの添加剤は徐々に劣化する。
レベルゲージでの点検でオイルが新品時の黄金色から、汚れで黒く変色していることからもわかるように、劣化しやすいのは”清浄分散剤”です。

読んで字の如く、オイルに混ざった微細なゴミなどを取り除いて分散させるものだが、添加剤の効力が弱まると、これらの異物を分散し切れなくなり、結果、ピストンリング やカムシャフト、ベアリングなどに大量のスラッジ(金属カスなど粘性の高い汚れ)が付着。キズや作動不良の原因になったりする。

もっと怖いのは酸化、熱による化学反応発生する。”酸化防止剤”で対策されているとはいえ、添加剤が劣化して酸化が進むとエンジン内部の金属腐食が始まり、 放置しておくと取り返しのつかない事態に陥るケースもあるという。

なお、レベルゲージでオイルの劣化を色や指触りで確認する人がいるが、完全に劣化していなくても 黒く変色するし、汚れが飽和状態に達すると逆に粘度が増してヌルヌルする。あまりアテにはならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*