エアコンの消臭編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

避けようのないエアコンの悪臭 臭いニオイは元から断つべし!
冷/温風の通り道にたまったカビと汚れを掃除機で吸引

車内のニオイは、自分ではなかなか気づきにくいが、同乗者にとっては迷惑この上ない。前述の掃除機がけや、汚れの除去、シミ抜きは、消臭も兼ねているので、 普段室内クリーニングを怠っていなければ異臭とは無縁なのだが…。

どうしても避けようがないのが、エアコンを入れると同時に鼻を突くエアコン臭だ。
これは、冷/温風の通り道であるエバポレーターやホースの中で発生したカビに、さらにホコリやタバコのヤニなどが付着することで生じる。抜本的な解決策は、 全ての部品を分解して洗浄することだが、現実にはなかなか難しい。

 

エアコン消臭剤

”エアコン消臭剤”などのケミカル剤を利用するのが一般的。さらに効果を高めたいなら掃除機でホース内の汚れを吸い取ってしまうのもいいだろう。
掃除機の吸い込み口に長さ1m程度の細いビニールパイプなどを取り付けて、吹き出し口からスルスルと奥に差し込んでいくだけ。完全とはいえないが、ホースの内壁に 付着しているニオイの元(汚れ)を吸い出すことができる。

一方、犬や猫などを同乗させたときに染み付いた”動物臭”はエアコン臭以上に強烈。カークリーニングのプロでさえ「完全に消し去るのは不可能」だという。
素人の手に負えるものではなく、こればかりは乗せないこと以外に対策方法はない。

異臭を紛らわす手段として芳香剤はそれなりに効果的だが、異臭と混じり合って、さらに不快なニオイになることがある(一般的にクセのない柑橘系が無難)。
”ファブリーズ”などの家庭用の除菌・消臭剤が微香性で、高い効果が期待できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*