シャンプー洗車編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑固な汚れはカーシャンプーで科学的に分解

 

塗装に合ったタイプを選ぼう

シャンプーの粘り気が摩擦を軽減、傷付きを防ぐ

ボディには、ホコリや泥のほか、排ガス煤煙、油などさまざまな汚れが付着する。とくに雨の日に走ったあとや、長期間洗車していないクルマは、
水洗いだけ汚れを落とすのは難しい。カーシャンプーを併用した方がいいケースもある。頭皮に使うシャンプーと同様、目的は汚れの分解、油分の除去など。
クルマ専用品として、さまざまな種類が販売されているが、大きく”ホワイト・淡色”塗装用と”濃色・メタリック”塗装用の2タイプに分類できる。

違いは水アカや汚れを落とすための研磨成分の含有量の違い。多く含んでいるのがホワイト・淡色塗装用、少ないのが後者だ。ホワイトや淡色は、水アカは、水アカが目立ちやすい
反面、磨きキズが目立ちにくいことが研磨成分を多く含む理由だが、それでも塗装に与えるダメージは小さくない。

塗装色を問わず、濃色、メタリック用を使ったほうが無難だろう。
使い方にも注意が必要。まず、きちんと泡立たせることが大事。シャンプーは、汚れの分解だけでなく、海面活性効果(滑り・粘り気)によってウエスと塗装との間で 生じる摩擦=スリ傷を防ぐのも目的。

十分に泡立て泡立てないと効果が得られない。製品の説明書を読んで濃度を確認。
液剤は水で満たしたバケツに投入するのではなく、空のバケツにあらかじめ液剤を入れておき、若干高めの水圧で蛇口の水を(適量)注ぎ入れるのが正しい手順。

水と しっかり混ざり合ってクリーミーな泡を作り出すことができる。

 

残した洗剤分がサビを呼ぶ  十分なすすぎを忘れずに!

ウェスにたっぷりシャンプーを含ませて塗装面をこするのだが、ここでもキズに注意したい。ウエスはサワサワと左右に小刻みに動かすイメージ。そもそも汚れを分解する
シャンプーを使用しているのだから力まかせにこする必要はないのだ。

シャンプー洗車で、もっとも注意すべきポイントが”すすぎ”だ。人間もシャンプーのすすぎが不十分だとフケが出やすくなるのと同じように、ボディ細部まで入り込んだ
洗剤分をそのまま残しておくと乾燥後に固着。そこに水がたまってサビの原因になることもあるという。

最近では「防錆剤」を配合したカーシャンプーが主流で、クルマ自体 にも防錆処理が施されているが、十分にすすいでおいたほうが安心だ。
拭き上げでは、吸水性の高い合成セーム革が最適だと述べたが、細部の水滴の除去に併用したいのが キッチン用のペーパータオル。

エンブレムなどにはペーパータオルの角を使い、フロントグリルのスリット、リヤコンビランプユニットとボディとの隙間(チリ)などには、 1枚スーッと差し込めば驚くほど簡単に水滴を吸い出す事ができる。

拭き残ししやすいのは、サイドシルのほか、ボンネット&トランク(リヤハッチ)の裏面や、ドアの断面部、給油口内部など外から見えない箇所。
洗車を終えて走り出した途端、水が大量に流れ出してくることも。

間違ったタイヤクリーニングはゴムが痛んで見栄えも悪い

せっかくボディを磨き上げてもタイヤが白茶けていてはまったく締まらない。まずはタイヤの汚れ落としだが、避けたいのは洗剤を原液のまま使うこと。

ゴムは石油製品。
洗浄力が強すぎると油分が抜け落ちて表面がかさついてしまう。洗車の時に使う(薄めた)カーシャンプーで十分だ。

タイヤを黒々と見せるゴム/レザー用の保護ツヤ出し剤はどうか?この手のケミカルの主成分はシリコン。
表面の汚れを確実に落としてから塗布しないと、かえって汚れを頑固なものにしてしまうらしい。

なかでも 「スプレーしたまま汚れと落としとツヤが出しができる」といったケミカルの中には、長期間使っていると、タイヤ表面がヒビ割れてしまうものがあるので要注意だ。
ギラつかない専用タイプもあるが、ツヤ出し剤を塗布したあと、水で流しながら(シャンプーも併用可)軽くブラッシングして余分な液剤を落とせば、新品タイヤのような
黒さと自然なツヤが期待できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*